盛り塩を置くことの意味とは?牛が関係している!?

浄化

盛り塩は平たい小皿に塩を円錐形に盛った、げん担ぎなどの意味がある風習です。お店では客足を止める招き猫的な役割をしたり、厄除けや邪を祓ったりするための物として重宝されています。

旅館や店舗などに盛り塩が置かれているのをたまに見かける事がありますよね。

それには盛り塩が始まったとされる牛に関するある出来事が深く関わり、商売繁盛の意味で用いられるようになりました。

スポンサーリンク

盛り塩の由来

色々な意味がある盛り塩ですが、日本ではすでに奈良時代から盛り塩をしていたとされています。しかしもともとの由来は、中国の始皇帝の時代にさかのぼります。

始皇帝は正妻の他にもたくさんの側室がいました。しかしあまりにも人数が多くて、毎晩お相手を決めることが大変だったのです。

そこで始皇帝は、牛車の牛が止まった家の女性を今夜の相手にしました。

それを聞いたある側室は、牛の好物である塩を玄関先に置き、始皇帝を独り占めする事に成功したという言い伝えがあります。そこからチャンスを掴むという意味で置いたりするようになりました。

塩を盛り牛を引き寄せたこの側室のエピソードから、商売繁盛の意味合いで用いられているのですね。

しかし牛にまつわる出来事は言い伝えの範疇を超えませんが、もともと塩は清浄の意味を持つので、葬いや神事の際に使われる事がよくありました。

そこから今では魔除けやお清め、また塩自体に殺菌作用もあるため、浄化の意味でも使われるようになっています。このような経緯から盛り塩の形に発展したのでしょう。

盛り塩の置き方

盛り塩はドアの外や玄関、部屋の角に置くことが推奨されています。

平たいお皿が盛りやすいですが、絶対に円錐形にしなければならないといったルールはありません。ただ小皿に塩を盛るだけでも良いと言われています。

どうしてもキレイな円錐形にしたい場合は、専用の道具を揃える必要があります。

お近くにセリア(100円ショップ)があるのでしたら、小皿と円錐形の容器が販売されていますのでチェックしてみてください。

セリアの盛り塩セットとは?どこに置けばいい?
スピリチュアル好きの間で密かに話題になっている盛り塩。この盛り塩を気軽に試せるセットが、セリアという100円ショップで販売されています。ずっと気になっていた盛り塩を体験してみたかったので、セリアへ行って購入してきました。

近所に売っているお店がないようなら、ネットショップでの購入を検討しましょう。

盛り塩の注意点

盛り塩は塩の交換と捨て方に注意が必要です。

盛り塩として置かれていた塩は悪いエネルギーを吸い込んでいますので、一週間、長くても月ニ回は交換する必要があります。そのまま放っておくと悪い気がまた部屋中に漏れ出してしまうのです。

いつまでも変えないと悪い気を吸う力も弱まるので、交換はきちんと行ってください。

また、盛った後の塩は料理に使うなどは絶対にしてはいけません。おすすめの処分の仕方は塩を浄水で流す方法です。

塩はもともと海のものですし、水だと浄化されながら流されていきます。台所などで感謝の気持ちを伝えながら流しましょう。

盛り塩の塩選び

肝心の塩選びですが、自然由来の粗塩や天然の岩塩などがおすすめです。大きいスーパーだと品揃えも豊富ですので、簡単に購入できます。

普通の食塩だとサラサラして固まりにくいですが、粗塩だと円錐形の容器に入れてギュッとするだけで固められます。普通の食塩を使う場合は、少し水をたらしてから固めてください。

ちょっと奮発してヒマラヤ岩塩などを置いても良いでしょう。高級な岩塩だとネットショップで買うことが可能です。

まとめ

盛り塩は気軽にできる浄化のためのアイテムです。

しかし使い方を間違えてしまうと部屋に悪いエネルギーが漏れ出するので、交換や処理をきちんと理解して使う事がポイントになります。

ちょっと嫌なことが続いているときなど、簡単に実行できますので気軽な気分転換にもなるでしょう。ぜひ塩の持つ力で好運を呼び寄せてください。

塩まじないって知ってる?悩み事を書いて燃やすだけのおまじないだよ
塩まじないは悩み事を書いて燃やすおまじないです。まず紙に困っていることを書き、その紙に塩を少量包んで燃やしてください。最後に燃えカスはトイレや台所で流して処分します。トイレットペーパーに書いて流すという方法もあります。