瞑想の方法とは?気分が沈んでいるときに効果的でおすすめ!

浄化

瞑想には様々な効果が期待できます。

まず気分が落ち着き、集中力が高まります。このことから、うつ症状の方が体調を改善するために瞑想を取り入れることもあるのです。

また、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツなど、数多くの成功者が瞑想を実践していたことからも、成功を引き寄せるメソッドが隠されているとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

瞑想の簡単な方法

まず一番シンプルなやり方は以下の通り。

  1. 楽な体勢で座る
  2. 呼吸に意識を向ける

ただ瞑想初心者の場合、この呼吸に意識を向けるということがけっこう難しいのです。

コツは「吸って、吐いて」と心の中で繰り返すこと。もちろん「吸って」のときには実際に吸って、「吐いて」のときは吐いてください。

慣れると心で「吸って、吐いて」と唱えなくても、自然な状態を保てるようになります。

楽な姿勢とは?

ご自分に一番合った方法を見つけてください。もちろん座ろうが横になろうが好きな体勢で構いません。

ただ、ある程度意識を保つ必要があるので、寝転んでしまうとそのまま眠ってしまう可能性があります。そのため、おすすめは座った状態での瞑想ですね。正座や胡坐などが良いでしょう。

何度か試してみて、一番しっくりくる方法を探してください。

呼吸を意識するって?

鼻で吸って吐く、という呼吸法を繰り返してください。深く息を吸って、大きく吐いて、これを一定の間隔で行うのです。

このときに、おへその下あたり(丹田)を意識しながらの呼吸法がおすすめ。丹田から息を吐くように、丹田を意識して息を吸い込むようにしてください。

丹田(たんでん)とは、東洋医学で「全身のエネルギー(気)が集まる」と言われている部位です。

ヨガの世界では、丹田を鍛えること体も心も元気になると言われています。

どれぐらいの時間が必要?

最初は5分程度で構いません。慣れたら10分、20分と時間を延ばしていきましょう。まず慣れることです。

また瞑想をする時間帯は、ご自分が一番落ち着けるときがいいでしょう。朝起きてすぐや、お風呂上がり、寝る前など。

仕事をする前に5分でも瞑想を行うと思考がクリアになり、集中力が増し作業がスムーズにできます。

実際にグーグルでは社内研修で瞑想を取り入れていますので、ビジネスにも大きく効果を発揮しているのでしょう。

グーグルも注目の瞑想法「マインドフルネス」が集中力UPに効く
集中力を高める手法として、脳科学の視点から注目を集めているのがマインドフルネスという瞑想法だ。米グーグルをはじめとする大手企業の導入で、国内企業も追随し始めている。

何を思いながらやればいい?

頭を空っぽにしてください。何も考えずにただひたすら呼吸に集中するというのは、実際に実行してみると上手にいかないものです。

色々な雑念が頭に浮かんでくるので、おそらく最初からそんなには時間を掛けることは難しいでしょうが、何度も行うことで慣れていきます。

最初は雑念が沸いてもそのまま流すようにすると、そのうち思考がクリアになってくるでしょう。

落ち着ける場所で行うこと

瞑想をするときにはリラックスできる雰囲気で実践してください。

ベストな場所は、静かで誰にも邪魔されない空間です。家族がいる場合は難しいかもしれませんが、ほんの少しの時間、自分だけの静かな居場所を手に入れてください。

またアロマオイルやお香を使用することで、さらにリラックスの相乗効果にも期待できるでしょう。

鎮静作用のあるアロマで入手しやすいのはラベンダーがおすすめです。

まとめ

瞑想は何も考えず呼吸だけに意識を集中することで、リラックス効果が期待できます。そして集中力を高めることにも繋がり、集中力が高まると生産性が上がり、その結果が成功を引き寄せることになるのでしょう。

必要な道具は何もいりません。ただ、自分が一人になれる空間さえあれば誰にでも出来るのが瞑想です。

ちょっと気分が落ち込んでいる、集中力が低下してしまったという悩みがあるのなら、ぜひ瞑想をおすすめします。

簡単に出来るので、一度チャレンジしてみてください。きっと、とてもリラックスできるでしょう。