遠隔気孔の効果とは?あやしいイメージがあるけれど、実際どうなの?

浄化

メンタル面を含む体調が悪い時、クリニックや気功師の所に出向いて診察ができない場合に、遠隔で気を送ってもらう事を遠隔気功と言います。

近年ではヒーリングとしても利用されている方が多いので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

遠隔気功とは?

そもそも気とは携帯電話の電波のように目に見えませんが、常に流動してそこにあります。「やる気」とか「気のせい」、「気を遣う」という事も全て「気」なのです。

この気を使って行う施術を一般的に遠隔気功ヒーリングと呼びます。

場所は関係なく相手に気が送れ、おおげさに言えば地球の反対側にいたって出来るのです。こんな風に聞くとあやしいと感じてしまいますよね。

しかし様々な方が遠隔気功を試されて効果を感じたからこそ、徐々に一般にも認知されてきているのではないでしょうか。

遠隔気功はどうやってやるの?

気功師は相手の意識にリンクさせて気を送り、体の悪いところを治したり、精神を癒したりします。必要なものは名前だったり写真だったり、個人を特定できる何かがあれば行えます。

受け手はただリラックスして施術を待ちます。気功自体は5分から15分くらいで終わるので、受ける側は本当にただ寝ているだけです。

人は意識下では繋がっていると言われていて、例えば友達の○○さんに連絡しようと思ったときに、その○○さんから電話が掛かってくるという経験をしたことはありませんか?

このようなエピソードはシンクロニシティと呼ばれ、「意味のある偶然の一致」として心理学の用語になっています。

つまり意識下で繋がっているからこそ、連絡しようと思った相手から電話が来るという現象が起こるのです。この現象を意識的に起こして気を送るのが遠隔気功と言えるでしょう。

遠隔気功の効果とは?

病気には三つの種類があり、ひとつは肉体の病、もうひとつは宿命の病、そしてもうひとつは思い込みによる病です。このうち宿命の病以外は治るとされています。

肉体の病はもちろん病院に行って治療しますが、自分は不健康だと思い込み、その気持ちが病気を引き起こしている方もいます。

このように自分の気によって自分の体を悪くしている人には、気功は効果的だと言えるでしょう。気を送る事によって心身ともに健康にさせるのです。

気功の効果については、そもそも気を信じない人だと実感することは難しいかもしれません。頭から信じていないとその気持ちが効果に作用されてしまうからです。

さらに気功師との相性や、施術を受けるときの体調や状況にも左右されるので、一度で効果がないからといって効かないと決め付けることはもったいないかもしれませんね。

遠隔気功の体験談

気功自体はどんな雰囲気かと言うと、気を感じるようになり暖かくなる、モヤモヤしたものを感じる、電気やビリビリ感がするといった意見が多いですね。

実際に私も遠隔気功を受けたことがあるのですが、体がジンジンとしびれたような感覚になり、ほんのり熱くて、でも心地よく眠ってしまったことがあります。

正直、受けるまではあやしいと思っていたのですが、実際に時間通りに不思議な感覚を感じたことで信じるようになりました。

まとめ

病は気からという言葉がある通り、治ると信じて取り組まない限り自分自身に悪い暗示をかけているのと同じことです。

心身の不調が続くとネガティブな気持ちに囚われてしまいがちですが、出来るだけ前向きに頑張ってください。

そして遠隔気功を頼む時には実績のある人や、評判の良さ、そして自分が良いなと直感的に感じる人に行ってもらいましょう。